社長メッセージ

衣・食・住+「」。
楽しむこと」を人に、地域に。

柳 光烈
ジェイ商事株式会社 代表取締役社長

創業以来変わらない想い

人間が人間らしく生きるために必要とされるのが、衣・食・住。そしてもうひとつ欠かすことのできないのが「楽しむこと」です。現代社会の豊かさは、多様な楽しみ・遊びを創造し、生活の中に様々なゆとりの時間を広げてきました。人は楽しむことで、緊張を解いて、精神の新陳代謝を活発にし、新たな活力を育むことができます。

そうした「楽しみ」と、そのための快適なスペースをお客様にご提供することが私たちの仕事です。地域の方たちが活力を持って、心豊かに生活して欲しいという、創業以来変わらない想いがそこにあります。

担い手となる新たな力を

担い手となる新たな力を イメージ

岩手・宮城の5店舗は、地域で愛され、親しまれて業績を重ね、当社は今年創業21周年を迎えました。そして今、次のステージに向けて動き始めています。その柱となっているのが、3店の新規出店と社員・スタッフの能力を伸ばして活かす社員教育です。

時代を見据えたアミューズメント企業として、事業規模を拡大して実績を伸ばし、社員や地域に還元していくためには、担い手となる新たな力が必要です。社員が自分の能力を発揮し、それをどのようにお客様と地域社会のために活かしていくか、そこに拡大戦略の成功の鍵があると考えています。

一緒に夢の持てる企業
として成長していきたい

一緒に夢の持てる企業として成長していきたい イメージ

楽しみは共有することでもっと楽しいものになります。社員自身が仕事や生活を楽しめなくては、お客様に充分楽しんでいただくことはできません。

そうしたことから当社では、社員の意見も取り入れて、企業風土をより風通しのよいものへと改革し、研修など「学ぶ」機会の充実や、社員の働く意欲をサポートする制度づくり、産休・育休など働き続けられる環境づくりを進めています。

社員もまた、職場での気づきと改善、ひらめきの具体化、立場の垣根を越えた意見のやりとりなど、一人ひとりが考え、チャレンジし、実践しながら、ジェイ商事の魅力を育てる取り組みを重ねています。

当社は平均年齢が31歳の若い会社です。これまでのやり方にとらわれず、挑戦者であり続けること、お客様や社会の変化に対応できる個人の集団であり続けることで、一緒に夢の持てる元気で明るいジェイ商事として成長していきたいと期待しています。

ジェイ商事株式会社
代表取締役社長 柳 光烈